骨盤ケアシューズyui/歩行をサポートするパンプスバンド
 
  • ◯骨盤がずれる原因

    骨盤がずれる原因はいくつも考えられます。
    足は身体を支える土台、3方向のアーチ(内側縦、外側縦、横)によってバランスを取っています。
    このバランスが崩れると、 指が使いにくくなったり、足首の可動域が狭くなったり、荷重を支えることができる方向と、運動の方向が合わなくなってしまいます。
    足部のバランスの崩れ→足関節(足首)のねじれ→膝のねじれ→股関節のゆがみ へと連動していきます。 左右の足部のバランスの崩れに差があると、それが骨盤の左右の差になり、それが骨盤の左右や前後のずれの原因になると考えられます。

    ◯足裏の役割

    足裏には母趾球、小趾球、踵骨を支点とした3方向のドーム型のアーチがあります。
    アーチの主なはたらきは…
    ‥畋罎箸靴謄丱薀鵐垢鯤飮するはたらき
    ⊂弖發竜杣、運動時のバネのはたらき
    B2の心臓と呼ばれ、血液の循環をたすけるポンプのはたらき が足裏の役割といえます。

    ◯横アーチのこと

    指につながる中足骨〜甲を横方向に束ねる靭帯によって主に支えられているため(支える筋肉が少なく弱い)、一度緩んで垂下してしまうと、元に戻りにくい。
    横アーチがゆるむ→幅が広くなる(開帳足)→指が使いにくくなる(ハンマートゥ、浮き指、付け根のタコ)→縦アーチにも影響→足関節のねじれ と連動していきます。
    対処法としては、インソール等によりアーチを支えつつ、靴などによって広がらないように締めることいいでしょう。

    ◯縦アーチのこと

    内側縦アーチ、踵骨〜舟状骨〜内側楔状骨〜第1中足骨からなる足部内側の大きなアーチで、何層にも重なる靭帯や筋肉によって強力に支えられています。指を曲げる、掴む、踏ん張るなどの働きをします。
    外側縦アーチ、踵骨〜立方骨〜第5中足骨からなる足部外側の小さなアーチで、荷重によって広がろうとするアーチを保持しようと緊張を強め、アーチを高くするように収縮して、前におし進むバネのはたらきをしている。

    ◯かかと(踵)のこと

    踵骨は大きな荷重を支えるための土台の役割をしている。 後ろから見た踵骨の角度(内反、外反)が足関節(足首)の運動の方向と連動するので、ヒールカップや3つのアーチの調整等で安定させる。 足関節の運動の方向が、膝〜股関節へと連動して、骨盤の前後左右のバランス〜背中〜肩〜首へと影響していく。

パンプスバントは単品でも
ご購入頂けます

ガーベラ(パンプス)

価格:¥11,000

特許取得のインソールで美脚と健康を両立する骨盤ケアシューズ

特許第6553235号

※ご注意ください。
・交換は1回のみ対応致します。
・恐れ入りますが初期不良以外での返品は対応致しかねます。
・室内履きで、履きシワ・汚れ・傷のないものに限らせていただきます。
・弊社に送り返す際の送料はご負担いただきます。
・商品到着後3日以内に交換のご連絡をお願いいたします。
・商品が到着したことを確認し、新しいサイズのシューズをお送りいたします。

【サイズ】
21.0cm/21.5cm/22.0cm/22.5cm/23.0cm/23.5cm/24.0cm/24.5cm/25.0cm/25.5cm/26.0cm

【実寸(cm)約】
・ヒール高さ…4.5cm
・重さ…180g(片足)

【素材】
・甲革…合成皮革
・靴底…合成クレープ

※商品によっては受注生産になり1〜2ヶ月程お時間を頂きます。
ご了承くださいませ。

+ −